ha-50 焼締 花入れ 文部大臣奨励賞受賞作家 荒川明作 木箱付き 【再入荷】

荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、
その名前の通り、山奥となります。
そこには古い時代に使われた薪窯を荒川明が
独自に工夫をして窯を作りました。

自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に
大胆な景色の出る焼き物で同じ作品は
2度と出来ません。

陶芸作家 荒川 明作 薪窯焼成 花瓶


サイズ

直径10cm×高さ15cm


素材

陶器(木箱付き)


素朴なのでどのような花も相性が
良く長持ちします。紅葉紋様がアクセント



※モニターによって多少色具合が
違う場合があります



文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作
    焼締 紅葉文様花入れ 



荒川明 流『焼締』とは? 

釉薬(色)をつけないで、焼き締めた作品
焼き締め程、作家にとって窯開きが楽しいものはありません。
薪窯で作品を焼く時は薪の灰、ヤニが棚、作品に付き、作品が棚から
外せなくなりますので、作品の高台に3か所に違う種類の粘土(道具土)
を唾(水ですと粘土がくっつかない)でつけます。
焼き上がってからバケツに水を入れ、しばらくつけてからそっと道具土をはずします。


3ケ所色が違うのは、道具土を外した跡です。

薪窯の窯変した景色が美しく浮き出て
とてもお茶が美味しそうに見えます。
薪窯にて3昼夜薪の炎にて焼成され自然の炎色、
自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。


荒川明の作品は薪窯焼成の作品がとても多いです。

『薪窯焼成』のこだわり
電気窯 灯油窯 ガス窯 もありますが、
作品の焼き上がり(陶芸用語で景色)の変化が楽しめます。

釉薬(色つけ)で電気でないとだめとかがありますが、
全体的に釉薬物(色付け)の作品も薪の煙、ヤニが作品に付き
面白い作品が焼き上がります。

【薪窯は素焼きをせず作品を生のまま窯につめます】


【作品を乾燥させ稲のわらを巻き付け窯詰めを行います】


【松と雑木を3昼夜焼き続ける薪窯】
焼締は釉薬(色 薬)を掛けないで、作品を作って薪窯に入れますと
赤松のヤニ,薪の灰が作品に掛り同じ作品は焼き上がりません。


【薪窯を開けます】
1週間程窯の温度が冷めるのを待って窯の焚き口を壊して作品をだします。
写真手前の黒っぽいのは薪の灰が作品に溶けた
灰被り(はいかぶり)
写真中央の緑色は薪のヤニが作品につき溶けた色です。(ピードロ)と言います。

作品を窯から出した後、作品のお掃除をして作品の発表をします。

▲素朴なのでどのような花も相性が良く
長持ちします。紅葉紋様がアクセント
▲裏側までしっかり自然釉が降り変化しています。
▲1輪2輪あたりの花を生けるのにピッタリの
口の大きさ。茶花用、玄関に最適
▲底も色変化し右側に荒川明のサイン入り
▲薪窯の焼成により、自然釉が入り混じり素朴な土肌がよいですね!


奥山芸術の里は、自然豊かな山奥にあり、大本山奥山方広寺のふもとに位置しています。
この自然豊かな地にて、陶芸家 荒川明デザイン、指導のもと、様々な土を混同し、
手造りで成形し荒川明が天然の灰で作った釉薬をかけて味わいのある素朴な作品を造って
おります。1品1品手づくりですので、大きさ、形、色合いが違いますが、
それが本来の焼き物の良さでございます。末永くご使用いただければ幸いです。




















ロッドアンドグン パーカー・スウェットシャツ アウター メンズ Hillop Half Zip Rugby Pullover Fawn,

おすすめ商品

MEN’S

Fredric Effects Regent 150 Preamp / プリアンプ ブースター ギター エフェクター,

BLOG

Nuvo照明63?/201?LED下キャビネット 並行輸入,